GREEN CROSS Japan

一般財団法人 グリーンクロスジャパン

トピックス

第18回「みどりの小道」環境日記コンテスト表彰式が開催されました

VALUE CHANGE

2016年12月12日

環境日記コンテスト表彰式

第18回「みどりの小道」環境日記のコンテストの表彰式が、2016年12月10日に東京ビッグサイトにおいて開催されました。受賞児童、先生、保護者など約600名の参加者を集め盛大に開催されました。
「個人の部」「団体の部」でそれぞれに環境大臣賞、文部科学大臣賞ほか各賞が授与されました。
本年度は、全国で約10万人の小学校児童が「みどりの小道」環境日記に取り組み、コンテストには小学校、こどもエコクラブの合わせて137団体、約5,654人からの応募が有りました。

クストーGCI理事長がCOP22開催に合わせ声明を発表
「早急に環境配慮の経済システムへの移行を!」

OTHER

2016年11月22日

クストーGCI理事長がCOP22開催に合わせ声明を発表

グリーンクロスインターナショナル(GCI)理事長のジャン・マイケル・クストー氏(Jean-Michel Cousteau)は、気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)の開催に合わせ声明を発表し、「CO2排出削減のために世界はより一層動きを早めなければならない。」と呼びかけた。「環境配慮の経済システムへの移行を確実にすることは、新たに何百万人もの雇用を生み出すことにつながる。それは、都市集中型ではない地域分散型の雇用を生み出すことができる。そのような経済システムこそが、私たち「人間」という種族は、自分たちを救うために必要な方策を生み出す能力が有ることを示すことができる。」とクストー氏は言う。

約2週間のCOP22の開催期間中(2016年11月7日~11月18日)に、GCIはパネルディスカッションとドキュメンタリー映画の上映会を開催した。
パネルディスカッションのテーマは「持続可能で活力の有る豊かな地域社会のためのグリーン経済(Green Economies for Sustainable, Resilient and Prosperous Communities)」。
ドキュメンタリー映画の上映会は、リュック・ハーディー氏(Luc Hardy)制作の「The Pursuit of Endurance(エンデュアランス号の軌跡を辿る)」が上映された。

スリランカの環境日記コンテスト2016表彰式が開催されました

VALUE CHANGE

2016年11月16日

スリランカの環境日記コンテスト2016表彰式

グリーンクロス・スリランカ(GCスリランカ)が実施する「みどりの小道」環境日記(Green Lane Diary)のコンテストの2016年の表彰式が、2016年11月15日にスリランカのBattaramulla地区のKIU講堂に於いて、受賞児童、先生、保護者など約600名を超える参加者を集め盛大に開催されました。2016年は、約60の小学校の約7,000名の児童が環境日記に取り組みました。最上位の4名に選ばれた受賞者は、12月10日に開催される日本の環境日記コンテストの表彰式に派遣され日本の小学生と交流することとなります。

受賞児童への賞状と副賞の授与
受賞児童への賞状と副賞の授与
表彰式会場を埋めた600人を超える来場者
表彰式会場を埋めた600人を超える来場者